FC2ブログ

月別アーカイブ

 2010年12月 

今年一年間、大変お世話になりました。 


 平成22年度は商工会法施行50周年記念の年にあたり、ふるさと交流物産展「きんちゃい みんちゃい 作州とくとく市」など記念事業が盛りだくさんの一年となりました。

 来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 なお、作州津山商工会は、下記の期間は閉所となりますのでよろしくお願いします。


  

閉所期間

   平成22年12月29日(水)~平成23年1月3日(月)

      ※1月4日は本部にて年頭訓示のため、支所の開所は午前9時となります。

 

スポンサーサイト

平成22年工業統計調査の実施について 

工業統計調査2010


 経済産業省が、平成22年工業統計調査を12月31日現在で実施します。

 工業統計調査は、明治42年に始まり、統計法に基づく基幹統計調査として毎年実施している調査であり、全国の製造業を営む事業所の1年間の生産活動に伴う製造品出荷額、原材料使用額などを調査し、産業別、規模別、地域別に製造業の実態を明らかにすることを目的としています。調査結果は、国や地方公共団体が行う産業振興政策、中小企業対策などの施策・計画の基礎資料として利用されるほか、企業、大学などの研究資料、小・中・高等学校の教育資料など広範囲に活用されています。

 本調査は、本年12月中旬から来年1月にかけて、都道府県知事が任命した統計調査員が、対象となる各事業所を訪問し、調査票に記入を依頼するという方法によって行います(ただし、本社一括調査対象企業及び国直轄調査対象事業所には、経済産業省から調査票が送付されます)。

 詳細は、経済産業所のホームページ(こちら)をご覧下さい。

 
 

作州津山商工会次期アクションプラン検討会議を開催しました 

 12月22日(水)午後1時30分から、作州津山商工会本部会館において、作州津山商工会次期アクションプラン検討会議を開催しました。

 平成18年度のアクションプラン策定から年月が経ち、経済環境も大きく変化している中、会員ニーズも大きく変化してきているととらえ、この機会に再度アクションプランを練り直す作業を行う前段として、商工会正副会長、筆頭理事、経営指導員が一堂に会し開催されました。

 このアクションプランの再検討に関して、コーディネーターとしてオフィスマッケンジー代表、児玉健治先生をお招きし、実践的で実行力のあるアクションプランに変貌すべく、今回のみならず、今後も継続して協議を重ねてゆくことになります。


作州津山商工会アクションプラン検討会議
開会挨拶を行う田村商工会長


作州津山商工会アクションプラン検討会議
コーディネーター 児玉健治先生


作州津山商工会アクションプラン検討会議
アクションプランをイチから見直すため、議論を重ねる


作州津山商工会アクションプラン検討会議
松本副会長からも、貴重な意見をいただきました。



 約3時間に渡る議論を終え、今後の方向性が示されたことで、次回1月中旬開催の第2回検討会議につなげてゆくことになります。


作州津山商工会アクションプラン検討会議
閉会挨拶を行う、河本副会長

「特許ビジネス市in広島」開催のお知らせ 

 中国経済産業局、中国地域知的財産戦略本部の主催により、「特許ビジネス市in広島」が開催されます。

 これは、特許技術などのシーズ保有者が、技術の内容・効果・ビジネスプラン等を説明し、会場の参加者から、これらシーズ技術のライセンス、商品開発のための共同研究等の申し出を募る場です。今回は、全国の「特許流通講座」で好評の桜井政考先生(首都大学東京)が「知的資産経営」に関する講演を行います。

 特許ビジネス・知的資産経営等に関心のある方ならどなたでもご参加いただけますので、是非ご来場ください。



■日 程  平成23年2月4日(金) 13:00~17:00

■会 場  広島市中小企業会館 研修室

        (広島市西区商工センター1-14-1)   

■定 員  70名

■参 加 費  無料

■主  催  中国経済産業局、中国地域知的財産戦略本部

■協  力  独立行政法人 工業所有権情報・研修館

 ※詳細は中国経済産業局のホームページ(こちら)をご確認ください

「中小企業総合展2011 in Kansai 」 開催のお知らせ 


 独立行政法人中小企業基盤整備機構の主催により、「中小企業総合展 in Kansai」が開催されます。

 経営革新等に果敢に取り組む中小・ベンチャー企業が、自ら製造、開発した新製品、サービス、技術等を一堂に介し展示することにより、販路開拓、業務提携といった企業間の取引を実現するビジネスマッチングを促進することを目的として開催されるものです。

 自ら開発した新製品、サービス、技術等を展示・紹介することにより、 販路開拓、業務提携等の企業間の取引を実現するビジネスマッチング を求める中小企業やベンチャー企業を募集しています。

 

■日 時  2011年5月25日(水)~5月27日(金)

         10:00~17:00(最終日は16:00まで)

■場 所  インテックス大阪 6号館Aゾーン・Bゾーン
       
        (大阪市住之江区南港北1‐5‐102)

 ※お申込み等詳細はホームページ(こちら)をご確認ください

年末調整の変更点について 


平成22年分の年末調整について、昨年度と変わった点としまして、「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に規定する認定長期優良住宅の新築等をして、平成21年6月4日から平成25年12月31日までの間に自己の居住の用に供した場合の住宅借入金等特別控除の特例が創設されました。

 また、平成23年分の源泉徴収について平成22年度の税制改正により扶養控除の見直し等が行われ、平成23年1月1日以後支払うべき給与について、適用することとされました。内容としては、年齢16歳未満の扶養親族に対する扶養控除が廃止され、また年齢16歳以上19歳未満の人の扶養控除の上乗せ部分(25万円)が廃止され、これらの人に対する扶養控除の額は38万円とすることとされました。これに伴い、特定扶養親族の範囲が、年齢19歳以上23歳未満の扶養親族に変更されました。

 詳しくは、国税庁のホームページ「平成22年分年末調整がよく分かるページ」をご覧下さい(こちら)。

平成22年度第3回作州津山商工会理事会が開催されました 

 12月16日(木)午後2時から、津山市阿波公民館において、今年度第3回目の開催となります作州津山商工会理事会が開催されました。

 田村商工会長による開会挨拶の後、協議に先立ち、先般岡山にて開催された商工会法施行50周年記念大会において表彰された役員及び職員に対し、表彰状の授与が行われました。


平成22年度第3回作州津山商工会理事会
田村会長による開会挨拶


平成22年度第3回作州津山商工会理事会
全国連会長表彰「福祉共済役職員功労者」表彰を授与される田村会長


平成22年度第3回作州津山商工会理事会
全国連会長表彰「福祉共済役職員功労者」表彰を授与される杉本支援課長


平成22年度第3回作州津山商工会理事会
岡山県商工会連合会会長表彰「役員功労者」表彰を授与される香川加茂地区代表理事


平成22年度第3回作州津山商工会理事会
岡山県商工会連合会会長表彰「歴代商工会長感謝状」を授与される河本副会長






 協議に入り、会員の移動について、統一規程の一部改正(案)、公用車使用管理規程の一部改正(案)、次期アクションプランの策定(案)について協議が行われ、出席理事により活発な議論が展開されました。また、10月に開催された作州津山ふるさと交流物産展「きんちゃい みんちゃい 作州とくとく市」の実施結果について岸本まちづくり委員長より報告がなされました。


平成22年度第3回作州津山商工会理事会
熱のこもった議論。


平成22年度第3回作州津山商工会理事会
岸本まちづくり委員長による、物産展開催報告。


 2時間に渡る協議を終え、今年の商工会事業も一区切りがつき、いよいよ来年に向けて本格始動となります。


平成22年度第3回作州津山商工会理事会
河本副会長による閉会挨拶。

必ずチェック最低賃金! 使用者も、労働者も 

岡山県最低賃金改正



 岡山県最低賃金が平成22年11月5日から、特定最低賃金は平成22年12月15日及び12月19日から改定されました。

 ■地域別最低賃金 
   
   岡山県最低賃金 時間額683円(発効日 平成22年11月5日)


 
 

■特定最低賃金(岡山県内) 

   耐火物製造業 時間額804円(発効日 平成22年12月15日)

   鉄鋼業 時間額818円(発効日 平成22年12月15日)

   一般機械器具等製造業 時間額798円(発効日 平成22年12月15日)

   電気機械器具等製造業 時間額734円(発効日 平成22年12月15日)

   自動車・同附属部品製造業 時間額786円(発効日 平成22年12月15日)

   各種商品小売業  時間額743円(発効日 平成22年12月15日)

   船舶製造・修理業、船用機関製造業 時間額817円(発効日 平成22年12月19日)





※上表に掲げる産業の事業場は、それぞれ該当する特定最低賃金が適用されます。ただし、次に掲げる者については、「岡山県最低賃金」が適用されます。
 ①18歳未満又は65歳以上の者
 ②雇い入れ後6月未満の者であって、技能習得中の者。なお、「鉄鋼業」、「自動車・同附属部品製造業」、「船舶製造・修理業、舶用機関製造業」については、雇い入れ後3月未満の者であって技能習得中のもの
 ③清掃または片付けの業務に主として従事する者

※特定最低賃金が適用されない労働者は、「岡山県最低賃金」が適用されます。

※詳しくは岡山労働局労働基準部賃金室(TEL 086-225-2014)または最寄の労働基準監督署へおたずねください
 (岡山県特定最低賃金改正に関する岡山労働局のホームページはこちら

 (岡山県最低賃金の改正に関する岡山労働局のホームページはこちら

平成23年4月採用商工会職員新規採用試験のご案内 


 下記のとおり、岡山県商工会連合会が平成23年4月採用の商工会職員新規採用試験を実施いたしますので、お知らせいたします。


  

■第1次試験
  
    試験日  平成23年1月24日(月)9:30~12:30

    場 所  岡山市北区駅前町2-3-31
           サン・ピーチOKAYAMA
        
            TEL:086‐225-0631

  ■受験申込受付
 
    受付期間 平成22年12月15日(水)から平成23年1月14日(金)<必着>まで

    受付時間 午前9時から午後5時まで(土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

  ※詳細は、岡山県商工会連合会のホームページ(こちら)をご確認ください

作州津山商工会久米地区運営会議を開催しました 

 12月13日(月)午後6時30分から、作州津山商工会久米支所会議室において、久米地区運営会議が開催されました。

 荒砂久米地区代表理事による開会挨拶で幕が開き、続いて作州津山商工会田村会長より商工会50周年事業の実施状況及び商工会の現状についての報告・説明がなされました。

作州津山商工会久米地区運営会議
荒砂久米地区代表理事による開会のご挨拶


作州津山商工会久米地区運営会議
田村商工会長による挨拶及び商工会事業報告


 本日の主な議題として、来年3月実施予定の梅祭りへの商工会としての参加協力体制について出席委員17名により活発な意見交換・議論が行われました。

 また、事務局より平成22年度事業のまとめ、会員の加入脱会状況について説明を行いました。


作州津山商工会久米地区運営会議
出席委員により、活発な議論が展開されました。


 1時間30分に渡る熱心な協議を終え、小山副代表理事による閉会挨拶で今回の地区運営会議は終了となりました。


作州津山商工会久米地区運営会議
小山副代表理事による閉会のご挨拶

作州津山商工会久米地区工業部が家屋補修ボランティアを行いました 

 12月12日(日)、午前8時から作州津山商工会久米地区工業部が家屋補修ボランティアを行いました。

 これは、津山市社会福祉協議会の歳末助け合い運動の一環として実施されるもので、今回も久米地区内の大工さん、左官屋さん、建具屋さんなどによって構成されている工業部が社会福祉協議会より協力要請を受け、地区内3ヶ所のお年寄り宅の家屋補修を行いました。

 まずは商工会にてミーティングを行い、この日参加した9名の工業部員が3班にわかれ、それぞれ作業に着手します。


作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
開始前のミーティング。
作業のポイントなどについて榎本部長から説明が行われました。


 今回は、廊下の座板張替え、屋根の雨樋補修・設置、屋根の雨漏り補修作業です。

 まずは、廊下の座板張り替え作業の様子から。


作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
廊下の座板張り替え作業。
古い床板をどんどんはがしてゆきます。


作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
プロの大工さんによる手際のよい作業


作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
約3時間の作業で、座板が新品に!


 さて、こちらは屋根の雨漏り修理作業です。

 ここ数日の冷え込みで屋根に霜が降りており、大変滑りやすい状況でしたが、少し時間を遅らせて作業にとりかかりました。

作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
雨漏り箇所の瓦をとりはずし、補修作業を行います。


作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
屋根の形に合わせて瓦をカット。


 最後の現場は、雨樋の補修・取り付け作業です。

 こちらも、屋根が若干滑りやすい状況でしたので、慎重に作業を行います。
 1階と2階に雨樋を取り付けました。

作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
息の合った作業です。


作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
雨水の排水パイプを埋設。


 12時30分頃には3ヶ所全ての作業が終了し、今年の久米地区工業部の事業は終了です。
 みなさん、お疲れ様でした。

作州津山商工会工業部久米地区ボランティア
商工会で、締めの挨拶を行う榎本部長。

日本政策金融公庫(国民生活事業)の貸付利率が、12月9日より改定(0.10%引上げ)されました 。  

日本政策金融公庫(国民生活事業)の貸付利率が、12月9日より改定(0.10%引上げ)されました 。
 11月11日以来の金利改正となりますが、前回も利下げ(0.10%)でしたが、今回も再び0.10%の利上げとなりました。わずかではありますが、やや金利は上昇しています。。

 今年もあと1ヶ月を切りましたが、商工会では歳末の資金需要のご相談に対応しております。年内に融資をご希望の方は、12月15日前後が最終になるかと存じますので、お早めにご来初下さい。 

  ■国の事業ローン(普通貸付) 2.25%
  ■経営改善貸付(マル経貸付) 1.95%

 皆さんによく利用していただいています「普通貸付」と「経営改善貸付(マル経貸付)」の変更をご紹介しましたが、日本政策金融公庫(国民生活事業)には、他にも多くの融資制度があり、条件によって低利の融資が受けられます。

 詳しくは、商工会にご連絡いただくか、「こちら」の日本政策金融公庫(国民生活事業)ホームページをご覧下さい

住宅エコポイントの対象が平成23年1月から拡充されます 

住宅エコポイント拡充(平成23年1月)


 住宅エコポイントの対象が、平成23年1月から拡充されることとなりました。

 平成22年10月8日に閣議決定された「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」において、住宅エコポイントの対象が拡充され、エコ住宅のリフォーム等に併せて設置する省エネ性能が優れた住宅システムの一体的導入を促進するため、新たに住宅用太陽熱利用システム(ソーラーシステム)、節水型便器、高断熱浴槽へポイント発行対象となりました。

 拡充された住宅設備(太陽熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽)については、平成23年1月以降に工事着手するものを対象とし、平成23年1月11日から申請受付(戸別申請のみ)を開始します。
(※一括申請の申請受付は、平成23年2月上旬に開始予定)

 詳しくは、住宅エコポイント事務局のホームページ(こちら)をご確認下さい。

小規模企業共済制度が変わります 

小規模企業共済制度改正2011

 平成22年7月29日に公布されておりました「小規模企業共済法の一部を改正する法律」が第174回通常国会において成立し、平成23年1月から施行されることとなりました。制度の内容としては利便性の向上が図られています。改正の主なポイントは以下のとおりです。


 

■加入対象者の拡大

   個人事業主の「共同経営者」で一定の要件を満たす方は、本制度に加入できることになります。
 
   ※共同経営者とは
     個人事業の経営に携わる方で、一定の要件を満たした個人事業主の配偶者、後継者、親族、従業員
     ただし、加入できる共同経営者は一事業主につき「2名」までとなります。



 ■加入要件の見直し

   小規模企業共済と中小企業退職金共済(中退共)の重複加入はできません。


 ■共済金(解約手当金)の請求事由の見直し

   個人事業の法人成りが「共済金A」から「準共済金または解約手当金」になります。


 ■掛金納付月数の通算の対象拡大

   配偶者または子へ個人事業の譲渡の場合も、「掛金納付月数の通算」が可能となります。


 ■契約者貸付の見直し

   「事業承継貸付け」が創設されます。


 ※詳細は、中小企業基盤整備機構のホームページ(こちら)をご確認下さい
 


株式会社日本政策金融公庫より、クリーニング業における引火性溶剤対策設備に係る生活衛生貸付についてのお知らせ 

 ㈱日本政策金融公国民生活事業は、政府の「円高・デフレ対応のための緊急総合経済対策」(平成22年10月8日閣議決定)の一環として、12月1日から、引火性溶剤の安全対策設備の導入が必要なクリーニング業を営む方に対し、特別利率による設備資金融資をスタートしています。

 概要としては、クリーニング業に係る特別利率対象施設設備に引火性溶剤の安全対策を行うために必要とする設備又は施設が追加され、また、適用利率も特別利率Cが適用されます(クリーニング生活衛生同業組合の組合員の場合は特別利率Dが適用されます)。

 取扱い期間は、平成22年12月1日から平成24年3月31日までとなります。

 制度改正に関する周知チラシはこちらをクリックしてください。

 ㈱日本政策金融公庫のホームページはこちらをクリックして下さい。

 

中小企業退職金共済(中退共)の加入者範囲が拡大されました 

中小企業退職金共済改正

  事業主と生計を一にする同居の親族のみを雇用する事業所については、これまでは中小企業退職金共済制度(中退共制度)へ加入できないものとされていましたが、中小企業退職金共済制度の加入者範囲が拡大され、平成23年1月から事業主と生計を一にする同居の親族のみを雇用する事業所の従業員も加入できることとなりました。

  制度の詳細及び変更についての詳細は、独立行政法人勤労者退職金共済機構のホームページ(こちら)をご確認ください。
 

 

会員親睦事業「よしもと新喜劇観劇ツアー」を開催しました 

 12月5日(日)、作州津山商工会会員親睦事業「よしもと新喜劇観劇ツアー」を実施いたしました。

 当日は幸いにも好天に恵まれ、勝北・加茂・久米・奈義地区よりお申し込みいただいた商工会会員さん80名が大型観光バス2台に分乗し、一路大阪へ向けて出発いたしました。

 まずは、昼食をいただく、新天地の「づぼらや」さんへ向かいます。昼食には少々早い時間に到着しましたが、しばし新天地の商店街を散策していただき、開店と同時にづぼらやさんへ入店、午後からの大笑いに備えてしっかり栄養補給をしていただきます。

作州津山商工会会員親睦事業「よしもと新喜劇観劇ツアー」
串カツ屋さんが大変多い新天地を散策するご一行


作州津山商工会会員親睦事業「よしもと新喜劇観劇ツアー」
バックに通天閣を望みながら、いざ、づぼらやさんへ


作州津山商工会会員親睦事業「よしもと新喜劇観劇ツアー」
大人数での楽しい昼食タイム


 昼食を終えて、いざ、「京橋花月」へ。新天地からはバスで30分程度で到着。
 

作州津山商工会会員親睦事業「よしもと新喜劇観劇ツアー」
会員親睦事業として京橋花月へ訪れるのは2年ぶりです。


作州津山商工会会員親睦事業「よしもと新喜劇観劇ツアー」
会場ではグッズが飛ぶように売れています。


作州津山商工会会員親睦事業「よしもと新喜劇観劇ツアー」
開演前の様子。これから開演までに、500席は満席となり、さらに立ち見の方も大勢いらっしゃいました。
これからどんな笑い地獄が訪れるのか…。


 午後1時からよしもと新喜劇、そして30分のインターバルをはさんで、午後2時30分から午後4時まで漫才、コントさらによしもと新喜劇女子による学園ミュージカルを楽しんでいただきました。このミュージカル内では、特別ゲストとして、大人気グループET KINGが登場!メンバーへのインタビューや、新曲披露で会場が一斉に沸き立つとともに、女性の黄色い声援が会場に響きわたりました。さらに、司会の島田珠代がお得意のギャグ「股間にチ~ン」や、「股間から顔出し」でET KINGメンバーを攻撃すると、ファンから「いや~やめて~」など悲鳴が飛び交い、会場が大変な盛り上がりとなりました。

 最後に、大ベテラン漫才コンビ「ザ・ぼんち」の漫才で幕を閉じ、しっかり今年の笑い納めをするとともに、大笑いでストレスを発散した一日となりました。


消費税の届出をお忘れなく! 

 消費税とは、消費一般に広く公平に課税する間接税です。ほぼ全ての国内における商品の販売、サービスの提供等が課税対象となります。

 消費税を納める義務を負うのは、製造・卸・小売・サービス等を行う事業者等となります。納税義務者は、所轄の税務署に消費税(税率4%)及び地方消費税(税率1%)の確定申告書を提出し、消費税額と地方消費税額を合わせて納付します。

 ただし、基準期間の課税売上高が1000万円以下の事業者は免税となります。基準期間とは、消費税の納税義務があるかどうかを判断するための基準となる期間のことで、原則として、個人事業者は前々年、法人は前々事業年度のことをいいます。例えば、平成21年の課税売上高が1000万円を超えた場合、平成23年分については課税事業者となり、原則平成24年3月31日までに確定申告書を提出し、平成23年分の消費税額を納付しなければなりません。

 さて、消費税の計算方法には、本則課税(一般課税)と簡易課税があります。基準期間の課税売上高が5000万円以下の事業者は、簡便な計算方法による簡易課税制度を選択することが出来ます。どちらの計算方法を用いるかによって、納める税額も大きく異なる場合もあり、また場合によっては消費税の還付を受けることもできます。よって、シミュレーションを行い、慎重に選択する必要があります。

 簡易課税制度を選択したり、取り止める場合は定められた期限までに届出を提出する必要がありますので注意が必要です。なお、簡易課税制度を選択した場合は2年間は継続適用しなければなりません。

 年末の時期で特に注意が必要な届出は以下のとおりです。



 「消費税簡易課税制度選択届出書」 … 簡易課税制度を選択しようと
するとき
 
    → 適用を受けようとする課税期間の初日の前日まで
      (個人事業者で平成23年分から適用を受けたい場合、平成22年
12月31日までに提出)

 
 「消費税簡易課税制度選択不適用届出書」 … 簡易課税制度をやめよう
とするとき
  
    → 適用を受けようとする課税期間の初日の前日まで
      (個人事業者で平成23年分から適用を受けたい場合、平成22年
12月31日までに提出)

  多額の設備投資をする予定がある場合などは、簡易課税よりも本則課税(一般課税)の方が有利となるケースが多くあります(還付が受けられる等)。




  消費税は、届出の如何によって税額が大きく異なりますので、慎重な判断が必要となります。

  詳細は、最寄の商工会もしくは税務署へおたずねください。

  参考;国税庁のホームページ(こちらをクリックしてください)

作州津山商工会会報「商工会だより 第10号」が完成しました! 

作州津山商工会会報「商工会だより第10号」

 通算第10号となります、作州津山商工会会報「商工会だより」が完成いたしました。

 今回は、簡易版として通常版の8ページの半分の4ページ構成となっておりますが、10月に開催された作州津山ふるさと交流物産展「きんちゃい みんちゃい 作州とくとk市」の開催報告、商工会法施行50周年記念会員紹介特別版、経営情報など、読みごたえのある内容となっております。

 年内には、商工会管内の商工業者の皆さまのお手元に届くと思いますので、それまではウェブのPDF版でお楽しみ下さいます様よろしくお願いします。

 
 作州津山商工会会報「商工会だより 第10号」のPDFデータは、こちらをクリックしてください

   

道の駅久米の里「じねんじょまつり」 

道の駅久米の里じねんじょまつり

 道の駅久米の里が、今年も「じねんじょまつり」を開催します。

 久米地域産の自然薯(じねんじょ)、冬野菜など地元農産物をどーんと販売!

 また、大根・白菜・葉ボタンの品評会も同時開催!

 テント村では、じねんじょ農家がつくる麦とろめし・山かけうどんをお召し上がりいただけます。

 さらに、イベント当日のみ、地方発送を700円にて承ります。


■日 時  平成22年12月5日(日) ※雨天決行

       9:30~ 完売まで

■場 所  道の駅久米の里
 
        岡山県津山市宮尾563-1

         TEL 0868-57-7234

 道の駅久米の里のホームページはこちら