FC2ブログ

亥年もよろしくお願いいたします 

亥年

 作州津山商工会となって2度目のお正月です。
 平成18年は、新たに奈義町商工会も加わり、17年と同様に変化の多い年となりました。
 また、9月には「起業塾」、11月には「作州津山ふれあい交流物産展」、そして商工会の将来像を描く「商工会総合アクションプラン策定事業」と様々な事業に取り組んだ年でもありました。

 引き続き平成19年も「作州津山商工会」は、会員皆様をはじめ、地域の商工業の発展に努めて参りたいと存じます。今後ともよろしくお願い申し上げます。
 なお、年末年始につきましては、下記の通り閉所となります。

    12月29日(金) ~ 1月3日(水)

スポンサーサイト

ニッポンいいもの再発見ブログ 

ニッポンいいもの再発見ブログ

 作州津山商工会は、今年7月よりここ「FC2」さんにお世話になってブログを開設していますが、『ニッポンいいもの再発見ブログ』は、全国商工会連合会とサイバーエージェントが運営するブログメディア「Ameba(アメーバ)」が事業提携して11月から始めたものです。

 『ニッポンいいもの再発見ブログ』は「私のまちにはこんなすごいものがある!」・「こんな特産品を作ってる!」などの各地の地域情報をブログを活用して発信と共に、全国123箇所から地域に密着した物産・観光・文化など地域情報をリアルタイムに発信していくことで、全国の町おこしを目的としています。
 これからこの『ニッポンいいもの再発見ブログ』を通じて、全国の商工会の特産品・観光情報が発信されることと思います。「作州津山商工会トピックス」共々よろしくお願いいたします。

だれもが暮らしやすいおかやまづくりを目指し… 

 岡山県が「だれもが暮らしやすいおかやまづくり」を目指し、強力に推進している「ユニバーサルデザイン(UD)」について、全県的な運動を進めていくことを目的に「おかやまユニバーサルデザイン・フォーラム」が開催されます。

おかやまユニバーサルデザイン・フォーラム


1 時 期  平成19年2月3日(土)
2 場 所  ピュアリティまきび
        岡山市下石井2-6-41 電話番号 086-232-0511
3 参加費  無料
4 内 容  詳しい内容は「こちら」から


 ●ユニバーサルデザイン??
 ユニバーサルデザインとは、ユニバーサル=普遍的な、全体の、という言葉が示しているように、「すべての人のためのデザイン」を意味し、年齢や障害の有無などにかかわらず、最初からできるだけ多くの人が利用可能であるようにデザインすることをいいます。

ユニバーサルデザインの7つの原則

1. 誰でも使えて手にいれることが出来る(公平性)
2. 柔軟に使用できる(自由度)
3. 使い方が簡単にわかる(単純性)
4. 使う人に必要な情報が簡単に伝わる(わかりやすさ)
5. 間違えても重大な結果にならない(安全性)
6. 少ない力で効率的に、楽に使える(省体力)
7. 使うときに適当な広さがある(スペースの確保)

よく取り上げられる身近なユニバーサルデザインの例としては、次のものがあります。

    ・シャンプー容器のギザギザ
    ・テレホンカードの切れ込み
    ・使い勝手がよい自動販売機
    ・ノンステップバス
    ・多機能トイレ
    ・エレベーターとエスカレーターと階段

 よく似た言葉に「バリアフリー」がありますが、バリアフリーは人を隔てたり、行動を妨げたりする障壁(バリア)を除去した状態をあらわす言葉です。
 しかし、本来の「障害をなくす」といった意味で使われていてもそのイメージは、「障害者、高齢者」の概念と切り離せず、現にあるバリアを取り除くという発想になってしまいがちです。
 バリアフリー名づけられた商品や道具は「障害者用」「高齢者用」連想、使用するのに抵抗がある人もいます。 年齢や障害の有無などにかかわらず、だれもがさりげなく使えることもユニバーサルデザインの重要な要素といえます。

経営革新計画の承認を受けました! 

 法面施工業者として長い実績と確かな技術・信頼をもつ、有限会社久井田工業(久米地区)が12日、岡山県知事より経営革新計画の承認を受けられました。作州津山商工会として合併後、記念すべき第1号の承認となります。

「モルタル・コンクリート吹付用小型建設機械の開発」をテーマとした計画の承認で、開発機は従来機より小型で、効率的かつ高い施工能力を持ち、狭小な場所でもその威力を発揮します。

(有)久井田工業(経営革新承認)
(有)久井田工業山社長と愛機(製作中)。
社長の手には岡山県知事より届いた承認通知書が。


山社長は、
「商工会の経営指導員、そして中小企業診断士の専門的サポートを受け、経営革新計画を作成することが出来た。それによって、事業の現状把握、将来の事業計画を、自分の頭の中にあった漠然としたものから具体的な形として描く事が出来た。自らのモチベーションの向上にもつながった。むしろこれからがスタートであり、承認を受けたからには今後もより努力し、よりよいモノづくりに取り組んでいきたい。」
と熱く語る。

 山社長の日々の積み重なる研究、努力の上に、新たな柔軟な発想と将来こうありたい、こうあるべきだとの強い意志、そして、少しでもよりよい製品、工法を多くの事業者に提案していきたい、という事業に対する熱い思いが経営革新計画承認につながったといえます。

 さて、経営革新とは、「事業者が積極的に新事業活動を行うことにより、経営の向上を図る」ことであり、事業をより進化させ、また付加価値の向上を目指すことです。

 経営革新計画(3~5年計画)を作成し県知事に対して申請、審査会を経て新規性、実現性が高いものとして承認が得られた場合、様々な支援措置(販路開拓、補助金など)や優遇措置(税制、特許料、融資など)を受けることができます。また、山社長の言葉にある通り、何と言っても事業の現状を把握し、着実にあるべき姿に到達するための事業計画といった意味でも非常に有効な手段といえます。さらに、経営革新計画の承認を受けた中小企業は、他の企業と比べて明らかに経営内容が向上している、といった調査報告もなされています。

経営革新って難しそう…と思われるかも知れませんが、例えば、

豆腐の絞り器を製造しているメーカーが、絞り器のノウハウを利用し、家庭でも使えるジュース絞り器を開発する。

食料品店が、米や肉、野菜などを個別に販売するだけでなく、毎日異なるお薦めメニューを開発し、その食材を家族向けのセットにして販売を行う。健康志向の独自メニューを増やすことにより、独身者や単身赴任者、家族などを固定客につなげる。

老舗の旅館が、空室を日帰り客向けのリラクゼーションルームとして改装し、新しいサービス事業を行う。それにより昼間の時間帯の増収を図るとともに、そこから新規宿泊客の拡大に結びつける。    

中小企業庁『今すぐやる経営革新』参照



といった承認事例もあり、研究開発型の製造業に限らず飲食業やサービス業など、業種・業態に対する制約はありません。

皆様にも是非、経営革新計画の作成にチャレンジして頂きたいと思います。 

なお、経営革新についてのご相談は、作州津山商工会まで!!

また、中小企業庁のホームページからでも詳細がご覧頂けます。

まだ間に合う!? ももっち年賀状 

ももっち年賀状

 皆さん年賀状の準備はもうお済みですか?
 お知らせするのが遅れてしまいましたが、岡山県が運営する観光情報サイト「イチおし岡山」から、昨年のおかやま国体で生まれた岡山県マスコット「ももっち」をデザインした「ももっち年賀状」が作成できます。

 デザインは、来年の干支「いのしし」や「お餅つき」・「岡山県の風景」など10種類の中から選べ、作成には「ワード」を使って、特に専用のソフトは必要ありません。

 もうすでに用意された方も多いかとも思いますが、まだ年賀状に余裕のある方は、県外に住んでいる岡山県出身者の方へ出してみてはいかがでしょうか?
 詳しくは「こちら」をご覧下さい。

最低賃金のお知らせ 

岡山県最低賃金


平成18年10月1日からの岡山県の地域別最低賃金(時間給)は648円となっています。

 最低賃金とは、法律によって都道府県毎に定められている賃金の最低限度額(時間給)であり、正社員やパートといった雇用形態を問わず、全ての労働者に適用されるものです。地域別最低賃金は、毎年10月に改正されます(産業別最低賃金は12月)。

 対象となる賃金とは、所定労働時間内における基本給・諸手当となります。また、日給・週給・月給の場合、別途計算された金額により、最低賃金額と比較されます。

 ちなみに最低賃金額が最も高いのは、東京都の719円、次いで神奈川県(717円)、大阪府(712円)、最も低いのは、青森県、岩手県、秋田県、沖縄県(いずれも610円)となっています。

 岡山県については、平成14年から平成17年まで644円と変化はありませんでしたが、今年度になって久々の改正となりました。景気回復に伴う賃金額の上昇基調が反映されているのでしょうか。

 尚、詳細につきましては岡山労働局のホームページをご覧下さい。

税務署職員を装った「振り込め詐欺」にご注意ください 

 18年度もすでに終盤ですが、12月19日(月曜日)久米地区で「青色申告会総会」・「税務研修会」が開かれました。 例年この時期に総会と共に税務署より講師を招き、その年の所得税改正点について研修会を開催しています。

 久米青色申告会総会

 総会は「事業報告・収支決算」・「事業計画・収支予算」、そして「商工会合併に伴う青色申告会の合併」について、それぞれ協議がなされ承認されました。

 総会終了後に開かれた「税務研修会」の内容として、今年度の税制改正について説明がありましたが、今回特に出席者の興味を引いたのは税務署を装った「振り込め詐欺」です。
 新聞やテレビなどで聞かれた方もいるでしょうが、その手口は巧妙で、銀行や郵便局の窓口だと職員に気づかれるので、コンビニのATMに誘導し、携帯電話で言葉巧みに振込みさせるそうです。

税務研修会
 研修会で講師を務めていただいた津山税務署のお二人

 変な言い方ですが、「税務署は決して自分から税金を還付しますよということはありません」 もし、そのような電話があればそれは間違いなく「振り込め詐欺」です。
 皆さんくれぐれもご用心を!!

社会福祉協議会へ寄付 

 作州津山商工会田村会長と同女性部美若部長は昨日、社会福祉法人津山市社会福祉協議会を訪問し、共同募金として田原清資会長に61,550円の目録を手渡されました。
 
 この寄付は、先週の奈義町社会福祉協議会への寄付に続いて、先月末アルネ津山で行われた『きんちゃいみんちゃい作州とくとく市』における、作州津山商工会女性部バザーの収益全額を充てたものです。

 
社会福祉協議会にて

「少しでもお役に立てれば…」と、田原会長に目録を手渡される美若女性部長、田村会長

第4回役員会が開催されました 

 15日(金曜日)今年度4回目となる役員会が開かれました。各地区の持ち回りで開催していますが、今回は加茂地区の「ウッディーハウス加茂」での開催でした。

第4回 理事会
         開会挨拶をされる田村会長

 この日の議題は、来年度の具体的事業を示した「事業計画・収支予算」・商業部会より提出された「地区内共通商品券」・商工会の将来像を示した「商工会総合アクションプラン策定事業」・大盛況のうちに開催された「作州津山ふるさと交流物産展収支報告」など様々で、出席された役員の方々は、より良い商工会を目指して熱く議論を交わされました。

第4回 理事会


 また役員会の席で榎本理事に対し、商工会への長年の功績について、全国商工会連合会長表彰が送られました。榎本理事の功績に感謝すると共に今後のご活躍をお祈りいたします。

全国商工会連合会長表彰

◆◇パートタイム労働者の雇用管理の改善に向けて◇◆ 

 パートタイム労働者の雇用管理の改善に向け「パートタイム雇用管理改善セミナー」が下記により開催されます。

 パートタイム労働者の就業については、多様な就業意識や就業実態を踏まえた適切な雇用管理がおこなわれていない等、均衡処遇が十分果たされていないという指摘がされています。
 今回「パートタイム労働法」及びそれに基づく「パートタイム労働指針について周知徹底を図り、企業等においてパートタイム労働者の一層の雇用管理改善と福祉の向上に取り組むため、下記のセミナーが開催されます。

●日 時:2007年1月29日 (月) 13:30 ~ 16:00
●場 所:メルパルクOKAYAMA
●内 容:<基調講演>「新しい人事制度の目指すもの~多様な能力を経営に活かす」
                 イオン株式会社 人事本部 人事企画部 二宮大祐氏
      <行政説明>「パートタイム労働者の処遇について」
                 岡山労働局 雇用均等室長 本田紀子
●受講料:無 料
●主 催:(財)21世紀職業財団 岡山事務所

※詳しい内容、お申し込みについては「こちら」をご覧下さい。

岡山発! オンリーワン企業育成支援事業 

オンリーワン企業育成支援事業


 現在、岡山発! オンリーワン企業育成支援事業の申込みを受付けています。
 この事業は、新分野への進出や高付加価値製品の開発等、他に真似のできない独自の優れた技術を持つ研究開発意欲がある企業(オンリーワン企業)を県が開発に係る経費の一部を補助し、製品等の開発を支援する制度です。。

 ■応募受付期間
    平成19年1月22日(月)~平成19年2月28日(水) 17:00必着

 ■支援内容 「こちら」の専用ホームページをご覧下さい。

 ■応募先(お問い合わせ先)
    財団法人岡山県産業振興財団 技術支援部
     TEL:086-286-9651 FAX:086-286-9676

国民生活金融公庫の貸付利率が改定されました 

 国民生活金融公庫の貸付利率が、12月13日より改定(0.10%引上げ)されました 。
 年末が近づき運転資金等が必要になるかと存じます。融資のお申し込みにつきましては、お早めにご相談下さい。

  ■国の事業ローン(普通貸付) 2.50%
  ■経営改善貸付(マル経貸付) 2.20%

 皆さんによく利用していただいています、「普通貸付」と「経営改善貸付(マル経貸付)」の変更をご紹介しましたが、国民生活金融公庫には、他にも多くの融資制度があり、条件によって低利の融資が受けられます。
 詳しくは、商工会にお問い合わせいただくか、「こちら」の国民生活金融公庫ホームページをご覧下さい。

第2回 『 情報化広報委員会 』 開催! 

昨日11日午後6時より、作州津山商工会本部会館(勝北)にて、第2回情報化広報委員会が開催されました。

情報化広報委員会1
開会挨拶をされる土井委員長


土井委員長の挨拶に続き、本日の協議事項へ。

まずは、作州津山商工会報第4号「商工会だより」の発行について。

次回の会報は、先日アルネ津山にて開催され大好評を頂きました、物産展「きんちゃいみんちゃい作州とくとく市」の開催風景、本年度の重点事業であります商工会総合アクションプラン、起業塾、そして各地区の報告、経営情報などなど内容盛り沢山となる予定です。
委員の熱い思いが込もった会報は、来年1月発行予定ですので請うご期待!

続いて、電子商取引研究会への取り組みについて、県内外の事例を取り上げながら、作州津山商工会としての今後の方向性について協議がなされました。
ITの登場は生活においてのみでなく、商取引の世界においても非常に重要なものとなっています。

情報化広報委員会2
プロジェクターを使っての熱心な議論が


午後8時30分、長時間に渡る協議が終了し、次回委員会は来年の開催となります。

狼様(おおかみ さま)祭りが開かれます (久米地区) 

 12月13日(水)~15日(金)の3日間、久米地区桑上にある貴布弥(きふね)神社で、霜月狼宮大祭(通称:狼様“おおかみさま”)が行なわれます。

貴布弥(きふね)神社

 狼様祭りの行われる「貴布弥神社」は、十代崇神天皇の御世に、京都の貴船神社を勧請したのが始まりといわれる古社です。
 境内には奥御前神社、荒神社、龍王神社、祖霊社が深い縁の中にあり、このうち奥御前(オクミサキ)神社は「狼様(おおかみさま)」と呼ばれ、火災、盗難、疫病などの守り神として有名です。
 師走を迎えた久米の恒例行事「狼様(おおかみさま)」を一度たずねてみませんか。

 詳しい場所は「こちら」の地図をご覧下さい。

 参考サイト 「その1」 ・ 「その2

久米支所工業部がボランティアを行いました 

 昨日から降り続いていた雨も上がり、久米支所工業部がボランティア活動を行いました。

 この事業は久米町商工会時代から行われているもので、昨年から歳末助け合い運動の一環として行われています。大工さんら主に一人親方の職人さんが集まり、独居老人宅や保育所などの建物を修理してきました。

 今年の補修作業は1件、畳と座の張替えです。現場に到着後、すぐに作業に取り掛かります。
 さすが職人さん!あっという間に状況を把握し、手際よく作業を進めていきます。
 電動丸ノコのチュイーンという音が聞こえなくなり、カンカンという金づちの音が聞こえてきたら完成は目前。合計2時間ほどで作業は終了しました。

 補修を受けた家の方は、「きれいになった畳でよいお正月を迎えることができる」ととても喜んでおられました。

工業部ボランティア1
痛んだ座をはがしています


工業部ボランティア2
手際よく作業しています


工業部ボランティア3
こんなにきれいになりました

消費税の申告の準備は大丈夫!? 

個人事業者の場合、「消費税簡易課税選択届出書」は平成18年12月31日までに税務署へ提出しなければなりません

個人事業者の平成18年分(平成19年3月申告)は以下のようになります。尚、消費税の計算方法は、「簡易課税制度」と「本則課税制度」が選択できます。

平成16年分(基準期間)の課税売上高が1,000万円を超えていると、平成18年は「課税事業者」となります。
また、平成16年分(基準期間)の課税売上高が5,000万円以下の場合、平成18年分の消費税の計算方法として、より簡便に計算できる「簡易課税制度」が選択できます。

但し、簡易課税制度を選択するにあたっての注意点として、

・一度、簡易課税制度を選択すると、2年間は取り止めることが出来ない。
・簡易課税制度を取り止めるためには、税務署への届出が必要。
・多額の設備投資をする時は、本則課税制度の方が有利な場合がある。

など、簡易課税制度の選択にあたっては、十分ご注意頂く必要があります。


     『これでスッキリ消費税申告(商工会・商工会議所)』より

尚、詳細な点につきましては、商工会各支所までお問い合せ下さい。

また、国税庁のホームページからでも詳細がご覧になれます。
http://www.nta.go.jp/

はるか遠く、青森県より研修にみえました 

 作州津山商工会に初めて視察研修が見えました。はるか北の国?青森県五戸(ごのへ)町と神郷村よりのお客様です。

 研修の目的は「商工会の二次合併」についてです。
 ご存知の通り作州津山商工会は、17年度「勝北・加茂・久米」の一次合併、18年度「奈義町」との二次合併が行われており、今回来所した五戸町商工会もすでに合併が行われており、新たに神郷村商工会と二次合併を検討中との事でした。

五戸新郷商工会合併検討委員会研修 その1


 研修会は、田村会長・平葮(たいよし)五戸新郷商工会合併検討委員長(新郷村商工会会長)の挨拶の後、福嶋局長の進行のもと、事前に伺っていた質問に答える形で、戸田総務課長により「合併となった経緯・合併の影響・合併後の事業のあり方」等の説明が行われ、その後検討委員の方々よりの合併関連について数々の質問に、田村会長より分かりやすく、また詳細に説明がなされました。

五戸新郷商工会合併検討委員会研修 その2
挨拶をされる、平葮(たいよし)五戸新郷商工会合併検討委員長

五戸新郷商工会合併検討委員会研修 その3
  合併について質問される金澤五戸町商工会副会長

五戸新郷商工会合併検討委員会研修 その4
      田村会長による熱心な説明

 意見交換の中では、全国的にみて合併の進んでいる岡山県、検討委員の方によるとやや遅れ気味の青森県など、研修会ならではの興味深いご意見も伺え、受入れ側にとっても有意義な研修となり、最後に両商工会長より、今後の発展と検討を誓って今回の研修会を終了いたしました。

五戸新郷商工会合併検討委員会研修 その5


 作州津山商工会とって初めての研修受入れでしたが、今回の研修で五戸町商工会と神郷村商工会の合併が、少しでもより良い合併となれば光栄です。

作州津山商工会青年部第3回ゴルフコンペ ~作州津山冬の陣2006~ 

吐く息も白く、日に日に寒さが増して来た12月3日の日曜日、作州武蔵カントリー倶楽部(美作市)を舞台に、『第3回青年部親睦ゴルフコンペ』と銘打って、男たちの熱き戦いの火蓋が切られたのでした。

勝北支部1名、加茂支部3名、久米支部3名、奈義支部2名の計11名の猛者がフェアウェイに馳せ参じ、各自のプレーに一喜一憂、大いに盛り上がったのでした。

優勝は、奈義支所大橋さん、準優勝は加茂支所岸本さんでした!
おめでとうございました!

ゴルフコンペ1

気合の一打が火を噴き、ボールはみるみるグリーンに吸い込まれていった…。

ゴルフコンペ2

戦を終えた猛者たちの輝く汗がまぶしい。

作州津山商工会「共通商品券」作成中! 

 第2回 商業部会役員会

 2日金曜日、第2回商業部会役員会が開催されました。議題の中心は、作州津山商工会「共通商品券」の発行についてです。

 現在も久米地区・奈義地区で商品券を発行していますが、今回商工会地区全体(勝北・加茂・久米・奈義)で利用の出来る商品券を発行しようと商業部会で検討を進めています。
 内容については募集前の段階ですが、加盟店:目標400店を掲げ、地区内の商店はもちろん、散髪屋さん大工さん車屋さんまで、幅広く利用できる商品券を目指しています。

 発行は来春となるかと思いますが、発行しましたら、地区内の贈答品として、また行政関連の記念品として、商業部会役員一同、多くの利用を期待しています。

中小企業大学校広島校「財務・税務コース」修了報告 

作州津山商工会事務局 平田です。
「作州津山商工会トピックス」の紙面をお借り致しまして、中小企業大学校広島校での研修の修了報告をさせて頂きます。

中小企業大学校広島校(広島市西区)において、「中小企業支援担当者研修 財務・税務コース」として、10月25日より11月22日まで、全20日間にわたる研修を終え、先日商工会に復帰して参りました。

中国5県及び愛媛県を中心として、遠くは佐賀県、福岡県、そして大阪府より総勢31名の商工会、商工会議所の経営指導員が集まり、研修がスタートしました(岡山県からは、商工会5名、商工会議所1名が参加)。

前半の「財務」では経営分析、そして後半の「税務」では、所得税・消費税についての講義、グループ演習、机上演習といった実践的な内容でカリキュラムが組まれています。さらに、「経営革新計画策定」、「中小企業支援施策」、「企業経営の基礎」、「新規開業・創業支援」といった、タイムリーかつ中小企業支援施策の中核となる項目についても、充分に網羅されていました。そして、研修を締めくくる最後の講義として「経営指導員に求められる役割と能力」について、講師より熱くご講義頂きました。
大学校内の宿泊施設「拓心寮」での、寝食を共にしながらの研修ということもあり、31名が“同期生”として、勉強のみならず様々な意味で深い親睦及び交流が図れたと感じています。

今後とも、作州津山商工会事務局と致しましても、
「地域と共に 未来へはばたく 商工会」
「地域とともに、地域のために! 作州津山商工会」
「やる気! 元気! 本気!」
の3つのスローガンの下、会員の皆様方を始めとして、地域に対して小回りの効く、かゆい所に手が届くサービスを展開して参りますので、益々パワーアップしてゆく作州津山商工会に、皆様ご期待下さい!




daigakkoukougifuukei


中小企業大学校広島校の教室にて(第1日目)。