FC2ブログ

月別アーカイブ

 2006年10月 

経営革新セミナー「ビジネスチャンスはすぐ目の前にある」 

 サッカーワールドカップのサッカーボールを製作して話題となった株式会社モルテン(広島市)の民秋史也(たみあき ふみや)社長を招き、「ビジネスチャンスはすぐ目の前にある」と題して、経営革新セミナーが開催されます。
 
 中小企業のビジネス成功事例をもとに、ビジネスチャンスのつかみ方、企業経営者のあるべき姿、経営ビジョンの明示、TOPダウンによる社内意思決定の迅速化と、コミュニケーションの推進、社員教育、5Sの徹底(整理・整頓・清掃・清潔・躾)、社会構造の変革への対応、倫理道徳精神など、あらゆる角度での経営手法などを熱く語っていただきます。

  日  時 平成18年11月24日(金)17:00~18:30
  場  所 アークホテル岡山 3階 牡丹の間
        岡山市下石井2-6-1 TEL086-233-2200

  詳しくは「こちら」をご覧下さい。

スポンサーサイト



大盛況! “ふるさとまつり” By くめ 

 先日予告しました「ふれあい広場“ふるさとまつり”」が秋空の下、久米地区で来場者も新聞発表1万人と盛大に開催されました。
 例年この時期のイベントは、天候によってひどく寒かったりすることがありますが、今年の「ふるさとまつり」は、暖かい日差しの中で、日中は汗ばむほどの気温となりました。

 多くの方が来場し、また作州津山商工会久米地区の青年部・女性部・工業部が出店するなど、一大事業?となりましたので、今回の記事は写真6点を掲載したスペシャル版といたします。

ふるさとまつり“ふれあい広場”
 鈴なりの観客が見守るのは「帰って来~~いよ~~~」でおなじみの松村和子さんです。
 (お若い方は、ご存じないでしょうが、30台半ば以上の方は当たり前のように知っています)

ふるさとまつり“ふれあい広場”
 こちらが現在の松村和子さんです。「帰って来いよ」がヒットしたのは、26年前(1980年)だそうで、当時のロングヘアーに三味線という奇抜な演歌歌手の面影はまったくなく、あの歌を歌っているからそうなんだといった感じでした。
 しかし流石に歌は絶品で、「帰って来いよ」はもちろんのこと、ご自身の歌から、北島三郎さんの「与作」や氷川きよしさんの歌(曲名は忘れました)など、ステージを降りて観客の中で歌われ、親しみがあり、また迫力のある歌謡ショーが終わったときには、万雷の拍手がいつまでも鳴り止みませんでした。

ふるさとまつり“ふれあい広場”
 ステージで、数々のイベントが催されましたが、子供に人気だったのは午前と午後の2回開催された「アンパンマンショー」でした。
 写真は「アンパンマン」が「カレーパンマン」の陰に隠れてしまい、「カレーパンマンショー」になっていますが、お許し下さい。

ふるさとまつり“ふれあい広場”
 ここでやっと商工会の出店についてです。
 上の写真は、久米地区の工業部の中で、大工さんや左官さんなど一人親方として事業を行っている方による「木工教室(すのこ作り)」です。
 参加費は、材料代込みの500円という予想外の破格値で、プロの作る本格的すのこが作成されました。すのこは、勝手口やお風呂、意外な所では、押入れの中(風通しが良く湿気防止効果があります)と用途も広く、出来上がった作品は長らく家庭で役立ってくれることと思います。

ふるさとまつり“ふれあい広場”
 青年部の出し物は、2年ぶりに復活した噂のクレープです。青年部の作るクレープは隠れた人気商品で、久米地区でイベントがある際、このクレープのためにワザワザ来場する人がいるほどです。(実話です)
 綿密に計算されたレシピによって作成する生地は、前日から準備され寝かせておきます。(事前に作ると生地の伸びが違います)
 出来上がった生地を成型するのは、クレープ職人と化した青年部員の面々です。その手並みにはテント前を行き交う人々が思わず足を止めて見ほれるほどです。(大げさではありません。何人もの方に職替えを勧められていました)
 焼き上がったクレープ生地のトッピングには、こだわりの生クリーム・相性抜群のバナナ・風味豊かなチョコ・カリッとした食感をかもし出すコーンフレークが絶妙の配分なされ、完成されたクレープを一口ほお張るとやさしい甘みとやわらかい優しさが口の中でハーモニーを奏でます。これが300円とは! 3時の終了時には用意された400食は完売となりました。

ふるさとまつり“ふれあい広場”
 女性部ももちろん負けてはいません。この日作州津山女性部となって新調されたおそろいのエプロンに可愛い帽子を身に着け、心から温まるホットコーヒー・これからの食卓に欠かせない手作りこんにゃく・お手軽スナックポップコーン、この日一番に完売となったお茶、ジュースと多様な商品を販売しました。女性部員の方々の明るい笑顔と楽しい会話はイベントには欠かせません。

 久米町から津山市となって初めの開催した、久米地区ふれあい広場“ふるさとまつり”ですが、参加者・出店をしたスタッフ全員が楽しみ、地元を愛する心を改めて感じるイベントとなりました。

女性部が道路の美化運動をしました 

10月28日、早朝から勝北地区で道路美化運動を実施しました。

霧の中、国道53号線のゴミを拾いました。一番多いのはタバコの吸殻で、その次がペットボトル・缶などです。
bika

この運動は24年前から続けています。美しい環境を保つため、これからもがんばりますが、ゴミのポイ捨てがなくなることが一番ですね。syouboku

「第24回ふれあい広場 久米ふるさとまつり」のおしらせ 

 明後日10月29日(日)、「第24回ふれあい広場 久米ふるさとまつり」が盛大に開催されます。
 「ふれあい広場」は津山市久米地区で毎年開催されているイベントで「運動会」と「ふるさとまつり」を1年おきに行っています。
 昨年は運動会だったので、今年は新津山市が誕生して初めてのふるさとまつりとなります。
 

 作州津山商工会では、青年部と女性部が合同で屋台を出店します。気になる内容は?

 ・チョコバナナクレープ
 ・ホットコーヒー
 ・ジュース
 ・缶コーヒー
 ・お茶

 中でも青年部、女性部が腕によりをかけて作るチョコバナナクレープは毎年行列ができるほどのおいしさ!みなさんぜひ食べに来てくださいね。

人気のクレープは行列必至
人気のクレープは行列必至


 また、隣では工業部による木工教室(すのこ作り)が開かれます。
 子供から大人まで誰でも参加できるすのこ作りに、ぜひチャレンジしてみては。もちろん作ったすのこはお持ち帰りいただけます。

すのこの参加はお早めに
すのこの参加はお早めに

秋空の下笑顔満載 「久米の里仙人まつり“秋編”」 

 晴れ渡る秋空の下「機動戦士Ζ(ゼータ)ガンダム」でおなじみの「道の駅久米の里」で秋の恒例イベント「仙人まつり“秋編”」が開かれました。

 やはり収穫の秋!溢れるばかりの出品物、新鮮野菜はもちろんのこと、久米地区特産「新高梨」に、名物「ジャンボピーマン」などなど、久米の里はこの日、特産品のパラダイスとなりました。

 イベントも盛りだくさんで、中でも目玉は、久米の里に出品されている方が賞品を提供した「ビンゴゲーム」は圧巻で、 朝採れたばかりの新鮮野菜に人気商品のさば寿司、産みたて卵や新米など満載で、来場された方のビンゴカードを見る目が真剣でした。
久米の里仙人まつり 秋編

 11時と3時には桑山市長ら来賓の方々によって恒例の「餅投げ」も行われ、青空の下飛んでくる紅白の餅に来場者の興奮はピークへ達しました。
久米の里仙人まつり 秋編

 安部新総理の「晋ちゃん饅頭」は、どんな味!?
久米の里仙人まつり 秋編

 道の駅「久米の里」は津山市の西の玄関として、ガンダムと共に皆さんをお待ちしています。

「ベンチャープラザ岡山2006」が開催されます 

ベンチャープラザ岡山2006

 「ベンチャープラザ岡山2006」は、岡山県内外からキラリと光るベンチャー企業が集まる県内最大級のベンチャー企業マッチングイベントです。

   ◆開催日 平成18年11月14日(火) 10:00~17:00
   ◆会 場 コンベックス岡山 大展示場

 県内のベンチャー企業が一堂に会し「記念講演」 ・ 「大手小売業バイヤー等との個別商談会」 ・ 「企業OB人材活用の情報提供」 ・ 「新サービス・新製品等の展示」 ・ 「ベンチャー・ビジネスプランコンテスト最終審査会」など、様々な催し物を行い、新たなビジネスパートナーや金融機関等との出会いの場を提供するもので、たくさんの催しがありますが、いくつかご紹介すると・・・

 化粧品の口コミ人気サイトとして圧倒的アクセス数を誇る「アットコスメ」を主宰する「山田メユミ氏」による「記念講演会
@cosme山田


 営業人材・ノウハウ・実績不足により、開発した新商品等の販路開拓に苦慮されているベンチャー企業を対象に、商談の相手先と成り得るスーパーやホームセンター等の調達担当者(バイヤー)との商談の場を設定し、ビジネスチャンスを提供する「ニューマーケット商談会
ニューマーケット相談会

(参加バイヤーとして、山陽マルナカ・ローソン・天満屋ストア・東急ハンズ等、大手企業の調達担当者が参加します)

 あなたの夢の実現を応援します。ぜひご参加ください。
 なお、参加に際しては「こちら」の用紙にて事前のお申込みが必要となります。

中小企業大学校をご存知ですか? 

中小企業大学校:広島校

 「中小企業大学校」って聞かれたことがありますか?

 中小企業大学校は全国に9校あり、中小企業の方々を対象とした「国の人材育成機関」で、都道府県や中小企業支援機関の中小企業支援担当者に対する養成研修および創業予定者を対象とした新規創業を支援する研修などを行っています。
 岡山県からは「広島校」が近くにあり「このような」研修を実施しています。

中小企業大学校:広島校

 大学校には、中四国9県より受講生が集まるため、宿泊施設も完備されていて、長期の研修も受けられるようになっています。

中小企業大学校:広島校

 今回作州津山商工会からも「中小企業支援担当者コース」として、若手のホープ平田指導員が、明日10月25日から11月22日まで一ヶ月間「財務・税務」について受講します。
 長期にわたる過酷な研修ですが、平田指導員なら笑顔で乗り切ることと思います。一ヶ月後に帰還する「NEW平田指導員」にみなさんご期待下さい。

商工会の「キャッチフレーズ」大募集!! 

商工会キャッチフレーズ募集チラシ

 作州津山商工会の「キャッチフレーズ」を募集しています。

 この事業は、このブログでも時々紹介している、作州津山商工会の中長期の事業を計画する「商工会総合アクションプラン策定事業」の一環として、商工会の事業や目的、イメージを一般の方にも分かりやすく伝えるのを目的に募集するものです。

 採用された作品は、今後作州津山商工会の「キャッチフレーズ」として、商工会が行う様々な事業で活用させていただく予定です。
 新生商工会を表す素敵な「キャッチフレーズ」をお待ちいています。

○●○ キャッチフレーズの内容 ○●○
商工会が行う「商工業者への経営支援」「地域活性化のリーダー」としてのイメージを表したもの
(最大20字程度)
例 ・パートナーシップまいんど商工会
   ・育てよう、地域に夢と活力を
   ・困ったな~と思ったら貴方の商工会へ

表   彰   最優秀賞 1名(図書カード:3万円分) 優秀賞 2名(図書カード:1万円分)
応募締切   平成18年10月31日 火曜日
応 募 先    こちらの「キャッチフレーズ募集HP」からお申込下さい

詳しくは、こちらの「キャッチフレーズ募集チラシ」をご覧下さい。

商工会総合アクションプラン 第3回自主運営専門委員会 

10月20日午後2時から、久米支所にて商工会総合アクションプラン自主運営専門委員会が開催されました。
自主運営

委員会も3回目をむかえ、具体的な行動計画について活発な議論が交わされました。

プレスリリースを作ってみませんか! 

 「プレスリリース」って聞かれたことがありますか?
 日本語で言うところの「報道発表」なのですが、要するに自社の商品やサービス、イベントをマスコミに発信する資料のことです。

 皆さんの事業についてPRを行うのには、チラシの折込や新聞広告、もしかしたらテレビCMなどをされているかと思います。
 しかしご存知の通り、広告ではなく記事として紹介されるのは「信頼性」や「知名度」が格段に違い、しかも記事として取り上げてもらうとお金がかからない。なんと素晴らしい!
 そんな素敵な「プレスリリース」について、作り方のポイントを下記の通り、いくつかお知らせします。

 プレスリリースの基本形
  ・A4用紙2枚以内に(出来るだけ1枚以内)
    記者の方は、数々届く書類にじっくり目を通してはくれません!
  ・タイトルが重要
    多くの資料の中から、まず目を留めてもらう!
  ・特徴は出来るだけ箇条書きで
    読む人の立場になって読みやすく!

 プレスリリースの送り先
  ・新聞社、雑誌社、放送局に送信部署を電話でたずねてみましょう!
    特別なことではありません。決して秘密ではないので、やさしく?教えてくれます。

 プレスリリースを送る方法
  ・郵送、FAX、電子メール、持ち込み… あらゆる方法で試してみましょう
    数打ちゃ当たる! ただし、別の方法でも送ったことはちゃんと書いておきましょう

   無料で効果の高い「プレスリリース」皆さんも一度試してみませんか!

事業展開や設備投資計画では、岡山県内の工業・流通用地を!  

岡山県及び岡山県企業立地協議会は、新たな事業展開や設備計画を検討されている企業に対して、自然環境、道路網、空港・港湾設備、情報通信網等で優れた立地条件を備えた岡山県内の立地検討を呼びかけています。
企業立地に当たっては、奨励金、助成金、融資、税免除などで全国トップクラスの優遇制度を設け支援しています。
新たな事業展開や設備計画を検討されている企業、あるいはそのような計画をお持ちの企業をご存知の方は、作州津山商工会あるいは岡山県商工会連合会へご相談ください。

尚、企業誘致に関する詳しい情報を入手ご希望の方は下記ホームページをご覧ください。
 http://www.optic.or.jp/youchi/

岩屋城ウォークラリーに参加しませんか! 

 秋の恒例イベント「岩屋城ウォークラリー」のご紹介です。
 久米地区の風物詩ともいえるこのイベントは、市立喬松(きょうしょう)小学校から、岩屋山山頂にある県史跡「岩屋城跡」を往復するにかかる時間とゴール後に発表される課題時間との近さを競う子供からお年寄りまで楽しめるゲームです。
 ※ウォークラリ-の詳しい説明は「こちら」をご覧下さい。

ウォークラリー


ウォークラリー


ウォークラリー


 期 日 : 平成18年11月12日 日曜日
 集 合 : 津山市中北上 喬松(きょうしょう)小学校グラウンド
 参 加 : チーム(2名~5名)を組んでご参加下さい
 参加費 : 1チーム 1000円
 お申込 : 作州津山商工会 久米支所 (TEL:0868-57-3398)

  ※準備の都合上、参加には事前のお申し込みが必要です。


 ●○● お時間のある方は、岩屋城の歴史をご覧下さい ●○●

 岩屋城は、嘉吉元年(1441) 山名教清が赤松満祐討伐(嘉吉の変)の功により、美作国守護に任ぜられた際に築城されたと伝えられ、のち赤松氏、浦上氏、尼子氏、宇喜多氏、毛利氏など、陰陽の各勢力の攻防の舞台となった山城です。

 遺構は、岩屋山(標高482m)の山頂に主郭(本丸)をおき、これを中心に連続する尾根を利用して三方向に尾根上を削平した大規模な郭(二の丸・三の丸)を配置し、これらの郭の所在する尾根から派生する小尾根にも小規模な郭(石橋上砦・椿ヶ砦及び小分城)をおき、主要部分にはそれぞれ掘切りを設けて防衛手段としています。また、郭・堀切以外の遺構としては、二の丸から三の丸にかけての山腹の東斜面に、地域では「てのくぼり」と呼んでいる12本の畝状空掘群を有しています。

奈義地区技能者組合一日奉仕作業 

奈義地区技能者組合一日奉仕作業が行なわれました
今年は10件のお宅を廻り大工仕事などの奉仕を行い、一人暮らしのお年寄りに喜ばれました。
 作業の後に総会を開催しました床直し作業

技能者組合総会

管理者向け はじめてのコーチング 

 コーチングはもともとスポーツ界から派生した概念ですが、1980年代後半、アメリカで対話を通じて自発性を引き出し、目標を達成できるよう動機付けしていくコミュニケーション手法へと発達したものです。日本でも数年前から注目されるようになり、多くの企業がコーチングをマネージャに必要なスキルと捉え、導入しています。

 技術の進歩や環境の変化の激しい現在、企業は自ら問題を見出し、解決できる人材、自ら考え、自ら行動する「自立型人材」を求めています。人にいわれたことしかやらない人材や、予定外の出来事があった時に上司の指示を仰がないと動けない人材では、厳しい経営環境を乗り越えられないからというのがその理由です。

 しかし、従来の指示命令型のアプローチでは、企業の求めているタイプの人材はなかなか育ちません。自立型人材を育成するためには、一方通行の指示命令型ではなく、対話を重視し、相手が自ら考え、行動できるようなコーチング型アプローチが求められているのです。

 今回の講座は、相互演習や、グループ討議を交え、管理職が部下の個性に応じたコーチングスキルを習得することにより、部下の成長をサポートし、活力ある職場の構築を目指します。

 と き : 11月9日(木) 12月6日(水) 1月17日(水) 各9時30分~16時30分
 ところ : テクノサポート岡山 中会議室
 対象者: コーチング研修をはじめて受けられる方で、3日間とも出席可能な方

    ※詳しくは「こちら」をご覧下さい。

商工会総合アクションプラン ―第3回経営支援専門委員会― 

 水色の絵の具で空を潤したような秋晴れの11日水曜日午後1時30分より、作州津山商工会本部会議室に於いて『商工会総合アクションプラン 経営支援専門委員会』が開催されました。委員会も今回で第3回目に突入し、いよいよ天目山を迎えております。

 松本馨委員長の開会挨拶に続き、会議の導入として前回までの協議内容を再確認しつつ、商工会としてこれから実施すべき経営支援についての

 
 ①行動計画の再抽出及び確認
 ②行動計画の重点事業・優先順位の整理
 ③行動目標の長期・中期・短期目標の設定



について、ひとつひとつ順を追って慎重に協議が進められました。
政府の中小企業施策は、「指導」から「支援」への転換、また「経営革新支援」「新連携支援」「創業支援」「技術革新支援」「地域における支援」の5つの柱を掲げた「中小企業新事業活動促進法」の制定、そして皆様も記憶に新しい「新会社法」、まちづくり三法改正といっためまぐるしい変革の時を迎えています。その様な中、商工会としても、地域の商工業者に対する専門支援体制の確立と同時に地域におけるきめ細かなサポートが求められています。企業におけるCS(顧客満足度)の向上は、例外なく商工会にも要求されているといえるでしょう。
「商工会総合アクションプラン」は、それを実現するためのまさに道しるべ、もしくは設計図といえます。

 廃業率が開業率を上回る「逆転現象」が続く中、"厳しい時代"と言われながらも我々は決して諦めはしない…。その様な意気込みが溢れる中、委員からは率直かつ活発な意見が飛び交い、これからの商工会としての経営支援体制について、必ず取り組むべき最重点項目が示されました。

 時すでに夕方4時前。コーディネーターの高松屋先生がまとめの意見を述べられ、白熱した議論の余韻を残しつつ、松本委員長の閉会挨拶とともに、今回の委員会はこれにて終了と相なったのであった。




アクションプラン経営支援第3回
今回も、本部会議室にて熱い議論が交わされたのである。

~勝北の熱い一日~ 『勝北地域運動会』&商工会勝北支部青年部模擬店報告 

 スポーツの秋まっ盛りの9日(体育の日)、勝北地域運動会が秋晴れの空の下、午前9時からの開会のセレモニーで盛大に幕を開けました。

 「のじぎく兵庫国体」の勢いに負けじと、勝北総合スポーツ公園を舞台に今年は勝北の7地区(広戸東、広戸西、日本原、新野東、新野中央山形、勝加茂東、勝加茂西)より、総勢1,120名の選手が参加。リレー、玉入れ、借り物競争などの種目で勝敗を競い合いました。
 
 「○○ちゃんがんばって!」「お父さんしっかり!」など、応援の声が飛び交う中、午後3時頃には全ての競技を無事終了。集計作業を終え、さて気になる結果は…

 優勝  新野中央山形
 2位  新野東
 3位  日本原

となりました。おめでとうございました!そして、スポーツマンシップにのっとり、競技に参加された全ての選手の皆さん、お疲れ様でした!!

 最後は河本副会長が閉会の挨拶をされ、出場選手の労をねぎらい、また優勝チームの栄冠を称えられました。

 
開会式
入場行進も終わり、いよいよ開会式です!

リレー
いつかはオリンピックに! 次世代を担うアスリートたちの力強い走り!!

 グラウンドで熱戦が繰り広げられる中、作州津山商工会青年部勝北支部、女性部は今年も模擬店を出店しました。焼きソバ、おでん、おこわ、かき氷、飲み物といった、例年好評をいただいているメニューです。おかげさまで今回も大盛況となりました。部員の皆さんも前日の準備、そして当日も早朝からお疲れ様でした!

焼きソバ
このヘラさばきを見てくれ!小手先のテクニックは問答無用…。 
運命を賭けた、鉄板の上の真剣勝負! 
熟練の麺さばきから生まれる、伝説の焼ソバ(秋の味覚version)!

焼きソバ行列
参加者の胃袋を満たす、天下の台所!焼ソバを味わおうと長蛇の列が…。
売り切れご麺! まいどありがとうございます!!

飲み物
勝北支部青年部(Shoboku Men's Club)のさわやかな笑顔のほかに呼び込みはいらない…。
若い女性客中心(?)に飲み物が飛ぶように売れていく!

かき氷
かき氷ちょうだい! あま~いシロップたっぷりかけてネ!! 
かき氷も根強い人気なんです。

奈義地区一日相談会開催中 

奈義支所で一日相談会開催中です
経営に関すること何でもご相談下さい
今日3時までです


相談指導の先生です

道の駅「久米の里」“仙人まつり秋編” 

久米の里仙人まつり 秋編

餅投げ

 機動戦士Ζ(ゼータ)ガンダムでおなじみの「道の駅久米の里」で、秋のイベント「仙人まつり秋編」が下記の通り開催されます。

     開催時間:平成18年10月22日(日) 9:30~15:00

 秋の久米地区には「ジャンボピーマン」や「新高梨」など、季節の野菜や果物が満載です。 来場者向けに「ビンゴゲーム」や「餅投げ」に、地域の皆さんによる「各種屋台」とイベントもにぎやかに催されます。 ※当日の定食は、ナント「マツタケご飯」!!
 詳しくは「こちら」をご覧下さい。たくさんの方の来場をお待ちしていま~す。

勝北市民運動会 女性部売店 

快晴の10月9日、勝北市民運動会が津山市勝北スポーツ公園にて開催されました。
女性部は、昨日の奈義町民運動会売店に引き続き、今回は青年部と合同で売店を出店しました。

undoukai

早朝から、部員の皆さんが愛情をこめて作った「山菜おこわ」と「おでん」の味は絶品です。

oden

okowa

またのご来店をおまちしています。

egao

奈義町民運動会 女性部売店 

奈義町民運動会が10月8日、奈義ふれあいパークで開催されました。
女性部も売店を出店し、おむすび・うどん・飲料の販売をしました。
おむすびは、朝早くから部員のみなさんが愛情をこめてむすびました。

むすび

うどんも大人気で、毎年行列ができるんですよ。

うどん

うどん2

準備と片付けは、青年部のみなさんが応援してくれました。
ありがとうございました。

商品販売講習会 

津山ブロック商工会女性部「商品販売講習会」が、10月6日久米支所で開催されました。
前回の商品開発に続いての第2弾です。今回のテーマは「インターネットを利用した販売方法」でした。
講師はイージーエス(有)の古賀先生です。
講師

みなさん真剣ですね
講習中

講習会終了後、これからの販売プランをグループで検討し、発表しました。女性部員の方々は、さすがにアイデアが豊富です。
検討会


作州津山商工会青年部チャリティーボウリング大会 

 昨日、ユーズボウル(津山市)にて、「作州津山商工会青年部チャリティーボウリング大会」が開催されました。これは、岡山県商工会青年部連合会の40周年記念事業のひとつとして企画されたものです。

 総勢21名がスコアを競い合い、結果、中島丈太郎さん(奈義支部)が2ゲームで283点を獲得し、みごと一位の栄光を勝ち取りました。おめでとうございました!

 尚、今回の参加費の一部はチャリティーとして寄付させていただきますことを申し添えます。
 
 
ボウリング①
狙いはただひとつ、ストライクのみ!

ボウリング②
一投一投を無駄にはしない!

ボウリング③
日頃の熱い思いを一球に込めて…。

「商品・サービスを買ってもらう技術を伝授」 県連合会業種別講習会 

 県連合会が実施します「業種別講習会」のお知らせです。
 サブタイトルに「~人の心はこうして掴む~」と題しまして、知る人ぞ知る影の実力者“甲斐輝彦氏”が、営業の本質“人のこころを掴む”技術を伝授します。これを聴き逃すと絶対に後悔しますよ!!

◆開催日時 平成18年11月17日(金)13:30~15:30
◆開催場所 サン・ピーチOKAYAMA
◆主  催 岡山県商工会連合会

※詳しくは「こちら」をご覧下さい。

中国人研修生「日本語研修修了式」 ~新たなる始まり~ 

 中国は山東省威海市より、遥か彼方久米の地にやって来られた技能研修生の徐(ジョ)さんと于(ユウ)さんですが、このたび無事に1ヶ月間の日本語研修の全日程を終えられました。

 9月4日、大量の荷物が詰まった旅行カバンと大型のスーツケースを引きずりながら、目印の赤い帽子を被って入国ゲートに現れた彼ら。笑顔で出迎えるものの、二人とも疲労と不安の為か、愛想笑いもやや引きつっています。異国の地での一夜が明けた研修初日、昼食時間で二人がリラックスした時を見計らい、日本語の先生を通じて私は彼らに尋ねました。少しでも彼らと会話の接点を持とうと、軽い気持ちでの質問でした。「奥さんやお子さんはどんな人?もしよかったら写真を見せて下さい。」 ―「妻や娘の写真は持って来てません。見ると寂しくて帰りたくなるから。」

 こんな会話をしたことは、彼らはとうに忘れてしまっていることでしょう。
 
 話はそれましたが、来日当初は日本語もままならず、地理、日本の生活習慣にとまどうばかりの彼らでしたが、少しずつ日本の暮らしにも慣れ(?)、コミュニケーションもとれてくるようになりました。ある日などは、道の駅「久米の里」で買ってきた野菜を見せてくれたりもしました。事務局としても、非常に懐かしく思います。

研修が終わっての感想は?
 
 徐さん「社長、先生、そして事務局の皆さんには大変お世話になりました。1ヶ月間、楽しく勉強できました。ありがとうございました。」

 于さん「みなさん大変お世話になりました。ありがとうございました。明日から不安ですが、熱く頑張ります。」

明日からは受入企業で3年間、実務をしっかり身に付けて下さい。

外国人研修生終了式 その2
二人の門出を見守るS課長の目には、うっすらと光るものが…
外国人研修生終了式 その1
たった1枚の修了証ですが、1ヶ月間の思い出はずっしりと重いです

外国人研修生終了式 その3
修了証を手に感無量の于さん、先生、徐さん

夢の実現 起業のための最初の一歩!  起業塾 FINAL 

 9月2日に開講し、一ヶ月に渡って開催された「起業塾」が最終日を迎えました。

 学習のまとめとして、まずは先週に引き続いて「ビジネスプランの作成」です。講師を務めるのは、神崎先生・黒田先生・原田先生の中小企業診断士三銃士
 受講者が各々、これまでの講義で学んだ内容を基にまとめた「ビジネスプラン」について、三銃士により的確なアドバイスが行われ、今まで漠然としていた起業のイメージが書面となり、いよいよ起業の夢が実現に向けて動き始めました。

起業塾(最終日)
こういった考え方も… (左:神埼診断士 右:原田診断士)

起業塾(最終日)
   実現可能な計画となるように (黒田診断士)


 午後からは、受講者を代表して3名の方による「ビジネスプラン」の発表です。3名の方はそれぞれ、現実と夢を交えて起業後の事業計画について熱く語っていただきました。
 また3名の発表の後には、受講者全員により起業塾を受けた感想と今後の抱負についてお話いただきました。

起業塾(最終日)
清掃業の起業後、間もないAさんは今後の戦略を!

起業塾(最終日)
ご自身の発案した商品に夢を描くFさん

起業塾(最終日)
来春ブライダル関係での起業を目指すIさん


 ビジネスプラン発表の後には、起業後に業種を問わず必要となる「金融」について、岡山県信用保証協会より石原次長、国民生活金融公庫より浜崎次長に創業者向け融資制度について、分かりやすく説明をいただきました。

起業塾(最終日)
なじみの少ない信用保証制度を分かりやすく (岡山県信用保証協会石原次長)

起業塾(最終日)
創業者・商工業者の心強い味方 (国民生活金融公庫 浜崎次長)


 以上で、延べ一ヶ月に渡った「起業塾」も全講義を終了し、最後にコーディネーターを努めていただいた神埼中小企業診断士から受講者に向けた心温まるエールの言葉で修了を迎えました。

起業塾(最終日)
神崎先生のソフトで的確な講義は、起業者の道しるべとなりました


 今回の起業塾は作州津山商工会が始めての取り組みとして開催し、32名の方が応募され、最終的に27名の方が受講されました。
 開講までは、受講者が集まるのか、講義の内容はこれで十分だろうか、皆さん満足してくれるのだろうか・・・ と様々な思いがありましたが、この日無事修了式を終えることが出来ました。
 受講された皆さんは、今回のサブタイトル「夢の実現 起業のための最初の一歩!」の通り、講義を終え、今後起業に向けた一歩を踏み出される事と思います。
 商工会は今後とも起業・創業者の方を応援してゆきます。起業塾に限らず皆さんお気軽にご相談下さい。